ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

映画「引っ越し大名!」

 

土橋章宏先生の「超高速!参勤交代」「超高速!参勤交代リターンズ」が好きで、

わーい、今回も土橋先生の原作!

西村氏が出るってことはまた相馬に会えるの(似た役柄)?!

知恵を出してもらえるの?!と楽しみにしていました。

 

公開初日ということで楽しみを引っ提げて「引っ越し大名!」を観に、いざ!

 

 

f:id:yutosuna:20190830161221j:image

 

 

本当、星野源はすごいなぁと思います。

抜け加減としゃっきり感、あの塩梅は安心して映画を楽しめます。

 

高橋一生は御刀番という腕っぷしが自慢の役柄だから、華奢なのに大丈夫なのかなぁと心配しつつ、普段聞かない野太い声に、殺陣、松平家家宝の大きな槍をぶん回す立ち姿を見るとしっかり御刀番…すごい。

高橋一生が持ちたがってあんまり盛り上がるので、松平家家宝の御手杵(おてぎね)の槍を事を調べたら、「天下三槍」と呼ばれた名槍の1つなんですってね、ほぉ…。

私、"おてぎりのやり"と走り書きをしていまして…直接的で怖い…w

 

宣伝を見て、てっきり星野源高橋一生濱田岳の3人の仲良しと、高畑充希ちゃんの恋愛模様がメインなのかしらって思っていましたが、もうひとつ、小澤征悦との友情というか人情というか繋がりの方が私は印象に残りました。

 

強制的に家財を半分にするときに、抵抗する持ち主に捜査令状のごとく”見切り御免状”を出してバッサバッサと片付け「見切りました!」を出していくのかと思ったらサクッと終了。

 

その他、どうも伏線も回収も微妙で、全体的には取っ散らかっている印象。

予算がたくさんあったのかしら、豪華な役者陣、途中のお歌も野村萬斎が手掛けていたり、主題歌もユニコーンでしょ。

 

でもね、なんかまとまっていないというか、大好きな相馬の知恵も出てこず(別の映画だって)、星野源のスーパー記憶力もイマイチ使いこなせていないというか、うーんうーん。

 

あっ!脚本が土橋先生じゃないんだわ!とみると、土橋先生じゃん…そっか、それならもう文句も言えないか…。

 

三毛猫のたまちゃんが可愛かったのと、高橋一生の汚い泣き方に笑ったので、良しとしましょうか。

 

いつもClickありがとうございます。