ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

アボカド長者への道

 

数年前から、魚を食べたり、食べれなくなったりを繰り返しています。

 

あれだけお魚大好きだったのに、味覚の変化というのはあるものなんですねぇ。

 

たまに食べると美味しくて、でもやっぱりほんの少しで満足だったり(経済的な体だわ)。

 

今や刺身や寿司の一番好きなネタはアボカドになっています。

 

魚じゃないね…ごめんねー。

 

トロたくなんて大好物だったのですが、今ふとアボたくにしたらもっと美味しそうじゃない?!と神のお告げが降りてきました(今度やってみよう)。

 

というくらいには、アボカドが好きです。

 

 

2018年6月初旬。

アボカドを育てる気になる。

 

f:id:yutosuna:20190308121904j:image

 

 

種を捨てるのが勿体無かったというもあります。

 

それともう一つ!

 

TVで愛媛のみかん農家さんが「なーんも手をかけていないのに大きくなって、そのまま出荷しています」なんて夢のようなお話をされておりましたけん!

 

ここここれは無農薬の自家製のアボカドが食べれるんじゃない?!って希望を抱きました(綺麗に書いてあるけど野望)。

 

 

2018年6月下旬。

芽が出たので鉢植えにする。

 

f:id:yutosuna:20190308121919j:image

 

 

2018年7月初旬。 

室内だからか徒長しているのが気がかり。


f:id:yutosuna:20190308121932j:image

 

 

2018年7月中旬。

庭へ出したらモリモリ葉が茂り出した。


f:id:yutosuna:20190308121928j:image

 

 

そして、2019年3月。

冬はアパートの温室に入れさせてもらって無事越冬した。


f:id:yutosuna:20190308121923j:image

 

 

ハワイで見た、家の軒先にたわわに実るアボカドたち。

 

あれが我が家の庭にできたらいいなぁ…なんて夢を見つつ。

 

あんなになるまでは20年近くかかるのだろうけど、せっかくなのでここに成長を記録していこうと思います。

 

で、20年後にはおばあちゃんになってるでしょ。

 

高枝切り鋏を自在に操って、食べきれないアボカドは道の駅で売らせてもらえたらなんて…ふふふ。

 

 

いつもClickありがとうございます。