ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

深大寺 護摩祈願

 

金曜は深大寺へ行っていました。

 

いいお天気!

この日に関東は梅雨明け。

 

f:id:yutosuna:20180629205157j:image

 

 

お昼に着いたので、いつものお蕎麦屋さんで冷たいお蕎麦。

トマト尽くしのトマト蕎麦と迷いに迷って、ごま汁せいろを選んでしまった。

夫は天もり大盛。

 

f:id:yutosuna:20180629205240j:image

 

 

 

食後時間があるので、ぶらぶらと散歩。

こんなに風が強いのならムクロジの実が落ちているのでは…!と夫。


f:id:yutosuna:20180629205140j:image

 

 

せっせと拾っています。

知人にムクロジの実を集めてお数珠にしようとしている人がいるんだって。

今日のでもう108個集まったんじゃないかな?!

 

f:id:yutosuna:20180629205105j:image

 

 

 

夫、汗だるま…!

風は強いものの、この日は暑くてムシムシ。

熱中症になったら大変なので、すぐそばのお茶屋さんへ避難。

これがふわっふわのかき氷を出すお店でした。

またかき氷を食べに来よう、次は小豆ミルクだ!

 

f:id:yutosuna:20180629205228j:image

 

 

 

お茶屋さんのお庭。

思いの外、こんなインスタ映えするお写真が撮れました(インスタしていないのですが)。


f:id:yutosuna:20180629205216j:image

 

あじさいを浮かべるのって、誰が最初に思いついたのかな。

水との相性はさすが、とても美しい。

 

 

 

光の強さで暑さが伝わってくる…そう、とても暑い。


f:id:yutosuna:20180629205258j:image

 

 

 

さて、相変わらずの前置きの長さですけど。

今日の大本命、厄除け。

深大寺護摩祈願って言います。


f:id:yutosuna:20180629205124j:image

 

私が自転車で転んで怪我をしたのを皮切りに、蕁麻疹やムチウチの症状、夫の体調不良や身の周りの云々…色々続いたので厄除けにきました。

 

厄除け、厄払いの違いって私は知らなかったのですが、

厄除け→お寺

厄払い→神社

なのだそうです。

 

言われてみれば厄除け大師はお寺さんだし、お祓い(払い)は神社だ。

 

そこで調べたら、ご近所の深大寺は厄除けで有名(言われてみれば…の程度ですみません)ですし、行こう!となったのです。

 

詳しくはこちら。

www.jindaiji.or.jp

 

【結論】

ものすごく良かった!

 

何という感想!

いやでもね、本当にすごく良かったとしか言いようのない経験だったんだもの。

 

私たちはそれぞれ3千円の祈願料と、交通安全車両用札3千円を支払ったのですが、この金額でこんなアトラクション(言い方)を受けられるの?!というお得感満載です。

 

手順に則って先に申し込み用紙を記入、予約をしておきます。

私たちは40分前にしておきましたが、15分前でも十分だと思います。

 

その後14時の護摩祈願に参加。

お堂に入って待ちます。

もうこれだけで少し特別な気持ち、暑くて眩しいくらいの日差しに対してお堂の中は仄暗く静か。

 

14時ジャストに、お坊さんたちが総勢7名(8名だったかも)が入場、ボオオオオ~!!

と時代劇で聞きなれた法螺貝の雄々しい音で開始です。

 

またこの法螺貝が一瞬で終わりではなく、結構な長さを吹いてくれる!

ドンドコ激しい太鼓とたくさんのお坊さんのお経、おりん、低いだけじゃなく高音の法螺貝、クライマックスにはシャンシャン錫杖も追加、その上、左側では護摩を焚いて、ファイヤーですよ。

最高にロックです(言い方)。

 

本当に申し訳ないです、信心深い方からしたら不謹慎ですよね。

でも、それくらいの

非 日 常 感 満 載 !!

 

こんな盛りだくさんのイベントが3千円?!

 

時代劇や映画、和物のアニメが大好きな人間にとって、護摩台の火の前のお坊さんが印を結ぶのを目の当たりにして、ほおおお!!と盛り上がるのは仕方がないと思うの。

 

その上、終わった後にありがたいお説法を聞けて(縁とは何か、仏教用語を交えて分かりやすい)厄まで落とせて、護摩札もいただけて、3千円?!

 

 

帰ったら、うちの猫神様がすぐにチェックに来た。

猫と比較しても、この護摩札の大きなこと。

ちなみに護摩札はいつも目に届くところに置くのが良いそうです。

大切にしまっておきたい気持ちも分かりますが…とお坊さんが言ってました。

 

f:id:yutosuna:20180630084413j:image

 

イヤなことがあったらすぐ行きたい、

遊びに来た人全員を連れていきたい、

何かと事ある毎に行きたい、

そんな気持ちになった一日でした。

 

いつもClickありがとうございます。