ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

「麗しのサブリナ」エプロン

 

 

猫の監視付きで、エプロンの布を裁断しようと型紙を乗せて検討中です。

 

f:id:yutosuna:20180413172406j:image

 

 

 

 

 

実は春に着ようと思って作ったベル袖のワンピース。

こんなにステキなのに…サイズが合わないので着心地が悪く、結局着ないまま。

(猫がどうしても前に出てくるw)

 

f:id:yutosuna:20180413172627j:image 

 

 

 

 

以前作ったボーカラードレスが載ってる本に、掲載されています。

 

www.nurumayutosunaabi.com

 

 

 

こちらの本は素敵な洋服がたくさんです。

でも、ご注意なのは、胸囲。

タイトにパターンが作られていると思います。

 

上記のボーカラードレスは、ちりめんジャガード。

柔らかでストンと落ちる生地なので、そう気になりませんでしたが、ベル袖のワンピースはコットン。ハリがあって伸びがなく、滑りのない生地は難しい。

 

身幅が厚い人、胸にボリュームのある人、骨格のしっかりしている人はサイズを予測するのが難しいと思います。

 

 

 

どうにかしたいと思ってエプロンに加工することにしました。

本当にいいのかと何だか責められている気がするのは、ワンピースに対して後ろめたいからか。

 

あなた、まち針を上手に避けて座るの特技だよね…危ないから止めてほしい…。

 

f:id:yutosuna:20180413172422j:image

 

 

 

 

 

退去してもらったけど、型紙に座るという…いつもの事なのでもういいですけども…。

 

f:id:yutosuna:20180413172444j:image

 

 

 

映画"麗しのサブリナ"でオードリー・ヘップバーンが着ていたエプロンを参考にパターンを引かれたそうです。

 

私はワンピースのフレアを手放したくなくてこちらを選んだのですが、テイストを残したままエプロンになってくれたのでとても嬉しい。

 

f:id:yutosuna:20180413172651j:image

 

 エプロンでしたら、胸も問題ないですし。

 

これからの季節、割烹着では暑くなってきたので、この薄手のエプロンが活躍してくれそうです。

 

使用した型紙はコチラ。

www.patternshop-ichica.com

 

映画は観たことがないから、今度観てみよう。

 

いつもClickありがとうございます。