ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

広告

もりもり高原野菜

 

清里から高原野菜が届きました。

昔働いたことのあるペンション、いずみのオーナー夫妻が送ってくれたもの。

 

www.nurumayutosunaabi.com

 

もりもりたくさん!

トウモロコシが山盛り、数えたら12本ありました。

仕込みの量だよ!ありがとうございます!

f:id:yutosuna:20170910192154j:image

 

 

 

カボチャより大きなジャガイモと、ジャガイモより小さなカボチャ。

ジャガイモは大きいのに中に割れもなくて、とてもシルキーでした。

f:id:yutosuna:20170910192214j:image

 

 

 

カボチャはかぼちゃサラダにしました(写真中央上)。

ホクホクで甘いんだ。

f:id:yutosuna:20170920124717j:image

 

 

大好きなモロッコいんげん!

茹でて色止め、水切り。

好きだからやたら丁寧…というのもあるかもしれないけど、水分をちゃんと切った方が傷みにくいから。

何といっても夫婦二人暮らしだし、以前冷凍したら味が落ちたので冷蔵できる間に完食したいのです。

f:id:yutosuna:20170910192228j:image

 

 

山盛りのキュウリも傷の部分をピーラーで除いて、塩漬け。

これをしているとキュウリも長持ちするんですよね。

しなびて先から傷むことも、乾燥して中がスカスカになることもないです。

使うときは水を張ったボウルに入れて、冷蔵庫に置いておくと塩も抜けるし冷えているからカリッと食感も良いです。

細切りにしたらすぐに塩揉みになるしね。

下拵えが終わったの図。

私、調理よりもこういった下拵えのほうが好きだなぁ。

f:id:yutosuna:20170910192242j:image

 

トウモロコシは初電子レンジで加熱してみました。

 

このサイトを参考にしています。

kumiko-jp.com

 

本当にきれいに茹でトウモロコシ(茹でてないけどレンジでチンだけど)ができます。

そのトウモロコシをぴっちりとラップで包み、冷めたら冷凍庫に入れます。

 

1本はトウモロコシごはんに。

これは友達から教えてもらったレシピ。

簡単で美味しいトウモロコシごはんができます。

 

【材料】

生のトウモロコシ 1本

米 3合

水 米3合分

塩 少々

 

【作り方】

1.米はいつも通り洗い、水を加えて浸水させておく。

2.トウモロコシは芯から実を包丁で削ぎ取る。

3.1に塩を入れて軽く混ぜ、その後に実と芯を加える。

4.いつも通りに炊く。

5.トウモロコシの芯を取り除き、全体をざっくりと混ぜて、出来上がり!

 

見て、この鮮やかな黄色!

f:id:yutosuna:20170910192258j:image

炊飯器を使っている人も鍋炊きの人も、水加減も同じだし、いつも通りに炊いてOKなのが嬉しいですよね。

トウモロコシの芯を入れると香りと旨味甘みが加わって、より美味しいんだとか。 

 

 

ロッコいんげんはスープにも入っているし、かまぼこと一緒に炒めました。

もちろんご飯は、トウモロコシごはん。

うんめぇ…うんめぇです。

 

f:id:yutosuna:20170910192310j:image

 

いずみのオーナー夫妻、ありがとうございます!

そしてトウモロコシごはんのレシピを教えてくれた友よ、ありがとう。

(彼女はいずみの奥さんから教えてもらったらしい、巡り巡ってるね!)

 

茹でトウモロコシを包んで、ラップが切れてしまいました。

あると思ったストックはこういう時に無く…(そんなもんだよね)。

残ったごはんは、陶器のおひつと、わっぱのお弁当箱に詰めました。

f:id:yutosuna:20170910192322j:image

 

わっぱのお弁当箱でごはんを保存すると美味しい。

時々やっては再確認、食べ過ぎちゃうのが玉に瑕。

 

いつもClickありがとうございます。

    

広告