ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

広告

北三陸産 牛乳瓶詰め生うに

ミニマリストチャレンジの記事がダブついていたので毎日お片付けの記事になってしまいましたが、ここで久々に食べ物を登場させることにしました。

 

我が家で「うに祭り」と呼んでいるご機嫌なイベントです。

Twitterで繋がりのある方は(うんざりするほど毎日で見ていて)ご存知だと思いますが、うに三昧でございます。

 

三陸の生うにが解禁されるのが5月頃、ご贔屓にさせてもらっているマルコシ商店さんでは7月まで楽しめます。

我が家の「うに祭り」は6月の末に行われることが多い。

なぜなら、私の誕生日の贈り物的な?ご馳走イベントだからです。

いくつになっても誕生日のお祝いって嬉しいものですね、ふひひ。

 

牛乳瓶にぎゅんぎゅんに詰められて、氷漬けでやってきます。 

これは写真用に氷から出してるけど、がっつり浸かって来ますからね。

f:id:yutosuna:20170630094251j:image

 

初日!

まずはそのまま食べたいよねぇ!

何もつけなくても本当に美味しいからそのままで食べて悶絶します。

そして冷やの日本酒を煽る、くぅ~♪

f:id:yutosuna:20170630094330j:image

 

キュウリにのっけて少しのワサビとお醤油。 

 「それ、なんの遊びなの?」と夫は言うけど。

 えっ…こうやって食べない?食べるよね?!

ほら軍艦巻きにもキュウリのってるよね?

「あれは仕切でしょ」

いやいや、かもしれないけど、彩りもあるだろうけども、相性がいいからに違いない。

f:id:yutosuna:20170630094340j:image

 

夜はゆるく糖質制限をしているので、炭水化物はできるだけ抜いているんだけどね、夫が屈してしまった。

本当に私ではないよ、私は最後までいいの?って聞いてたんだからw

f:id:yutosuna:20170630094356j:image

という事で、特例法案(うに丼)が強行採決されました。

美味しいよねぇ、うちは元々白ご飯が好き過ぎてお米でさえお酒のアテだったわけですから、美味しいに決まってる。

 

二日目。

最初からうに丼で出してと、お上(夫)から仰せつかったので、うに丼です。

生うにが届く前に練り物の詰め合わせもありましたから、ここ数日、

旨味(うに)と旨味(練り物)と旨味(日本酒)のぶつかり合いですわ。

f:id:yutosuna:20170630094412j:image

 

猫は扇風機からこちらを観察。 

f:id:yutosuna:20170630094424j:image

この日は日本酒をロックにしていただきました。 

あああ、岩清水のようにキリリとして透明感が高まるね…。

 

三日目。

猫はとうとうチェッキンに来ました。

おかかも気になるし~、

f:id:yutosuna:20170630094441j:image

 

うにも気になる~。

f:id:yutosuna:20170630094453j:image

うちの猫は食卓のチェックはするけど、食べたり手を出したりはしないのです。

その辺エライなぁと思います。

カリカリ至上主義、ちゅ~るは飲み物w

飲み物といえば、この日のお酒はぬる燗に。

 

最終日の四日目。

見た目いつだって透明だから分からないと思いますが、日本酒の銘柄を変えています。

f:id:yutosuna:20170630094546j:image

最後のうに…私はこれ以外のうには基本食べないので今年は食べ納めです。

 

舌が肥えてしまった…だけど本当にそうだから仕方ない。

「どの口が言うかーw」と夫に言われますが、この生うにを知ったらもう他は欲しくないんだもの。

それにあなたがこんな体にしたんじゃない…。

あるときスタンディングスシバーで、要らないと言っているのに夫がうにを注文し、私の眉間のシワと不機嫌を見て謝ったという事例があります。

だってね、安いものじゃないのに食べて美味しくない思いなんてしたくないじゃないですか。

スタンディングスシバーなら、アボカドと炙りエビマヨ。

スシローなら、シーサラダとイカ。

それらを回せばいいので無理に高級食材を食べなくてもいいんだ。

シーサラダなんてめっちゃおいしいじゃないですか、5皿くらいしかいけないのに必ず2皿頼むもの。

自分で選ばないだけで出されたらいただきますが、生うにってそうそう出てこないから食べ納めは間違ってない。

 

ちなみに加工されたものは別よ。

ウニのクリームパスタとか、粒うには別。

粒うに、あれはあれで独特の風味があって美味しいよね。

 

 

はぁ…美味しい…でも寂しいのぅ。

寂しいけど…んんん~美味しいのぅ。

 

そんな美味しい生うにはコチラで注文しています。

 

いつもClickありがとうございます。

   

広告