ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

広告

ソックブロッカーを作ってみた

 

編み物の良い所は何度でも編み直せるという事だと思う。

サイズはもちろん、大幅にデザインを変えるとか目の込み具合を変えてみたいとかも。

古くなったニット製品もほどいたら、別のものに編み直せるから楽しいよね。

 私は下手なので気に入らないと何度も編み直します。

 

猫氏が寝ているふりをしつつ、こちらの様子を見てる。

毛糸玉が大好きだからね、油断は禁物。

隙を見せたら毛糸がでろでろのヨダレまみれになりますからねw

f:id:yutosuna:20170601123158j:image

  

毛糸を巻き取るのに、その名も”まきまき”という非常に分かりやすいネーミングの毛糸玉巻き器を使っているんだけど、この子がまきまきの箱に入りたがらない!

試行錯誤してやっとの事この位置に収まる。

もう何年も付き合ってるのに、どうして上手に入れられないのか。

記念撮影、次のために。

f:id:yutosuna:20170601123208j:image

 

 編むのは良いとして、編みあがった物の毛糸の始末が事であります。

これが地味で厄介。

だからおしゃべりをしながらとか、音だけで楽しめるトーク番組を見ながらとかじゃないと、重い腰が上がりません。

f:id:yutosuna:20170601123216j:image

 

さてさて、本題。

編みあがった靴下を一度洗うと編み目が整い、始末した糸の馴染みが良く、見た目が向上するので必ず洗うんだけど、そのまま干すとふんわか仕上がりになります。

自分用の何度も繰り返して履く靴下ならそれでOK。

だけど、友人へのプレゼントだったりすると…まぁ…ふんわかでもいっか。

いいんだけど。

形を整えたいじゃない!

そんな時はピンで細かく止めてスチームアイロンで…と、今まではやっていました。

きれいになるけど、果てしなく面倒くさいのよ。

 

そんな感じでソックブロッカーを作ることにしました。

ソックブロッカーは商品として木製、プラスチック製とあるんだけど、結構良いお値段がします。

安くても楽天で2,000円くらいはするのよね。

Amazonなんてスタートが1万するもの。良いものなんだろうけど。

 

検索しても出ないから「あれ?」って思ったら、”ソックブロッカー”じゃなくて”ソックスブロッカー”でたくさん出ていた。

ソックブロッカーなの?

ソックスブロッカーなの?

どっちなんだい?!

発音の問題かと思いきや、sock blockerだから”ス”は要らないと思う。

お商売として日本人にも分かりやすいようにソックスのブロッカーですよってことで”ス”を入れたのかしら。 

 

型紙はこちらから拝借しました。

KEITOYA 「オリジナルソックブロッカー用型紙」

 

印刷して靴下のサイズに合わせます。

元々の型紙のサイズはメンズ用なんですけど、私は緩く履いたり重ね履きに使うので大きめに編んでおりそのまま使用できました。

f:id:yutosuna:20170601123226j:image

 

100均で買ってきたB4ハードクリアファイルにぺたりと貼って、油性マジックで型を描き取ります。

f:id:yutosuna:20170601123232j:image

 

クリアファイルの表裏に型を書いたら、ハサミでカット。

2枚同時に切れるけど、一枚ずつの方がいいですよ。

なぜかというと固くて力がいるし、2枚重ねの下側がガタガタになってしまうから。

f:id:yutosuna:20170601123237j:image

 

見えにくいけど、真ん中にカットしたクリアファイルが2枚あります。f:id:yutosuna:20170601134428j:image

ちなみに右端の糸状のものは、2枚重ねで切ってガタガタになったものをキレイに切り直したもの。

一枚だと、この切り直す作業は要らないです。

急がば回れです…(自分に言ってる)。

 

安全ピンでちょっと穴をあけて、キリでぐりぐりと穴を拡張。

ここに糸を通してぶら下げられるようにします。

f:id:yutosuna:20170601123247j:image

 

こんな感じ。

クリスマスプレゼントは入ってないよ!まだ6月だからね!

f:id:yutosuna:20170601123250j:image

 

洗った後、ソックブロッカーを履かせて干すだけでこんなにきれいな形になった。

 f:id:yutosuna:20170601133915j:image

 

編みあがったばかりのものがこんなだからね。

随分違うでしょ?

f:id:yutosuna:20170601133539j:image

 

もう片足編まないといけないけど毛糸が足らなくなったから、色んな色の靴下を編んでみようと思います。

毛糸の再注文はそれからで。

どうせまた足りなくなるから。

 

良かったらClickおねがいします。

広告