ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

広告

ブーケガルニとワインのための牛肉の赤ワイン煮込み

 

緑さす我が家の庭でございます。

この時期、植物の勢いに圧倒され摘んでも摘んでも若葉が出てくる。

嬉しい悲鳴だったりします。

 

f:id:yutosuna:20170528103922j:image

 

せっかくのハーブ類、何とかしたい。

シナモンマートル、ローリエ、タイムをたこ糸で巻いてブーケガルニ

ちょっとブーケ大きいと思う?いいのいいの、いっぱいあるからw

f:id:yutosuna:20170526202511j:image

それから赤ワイン。

先日開けたけど、我が家ではとても飲み切れないです。

でも、うちの小さなセラーは日本酒でいっぱいよ。

 

この赤ワイン、さぬきワインで買ったソヴァジョーヌ サヴルーズ…えっと…( )内にはこう書いてあります。

”芳しき野性の乙女”

とんでもない野性の乙女でね、フルボディの中でもおっもいのですわ。

しかも7年前のワインだから、もう乙女じゃなくなったのかもしれない。

酸いも甘いも噛み分ける女性になっちゃったんだ。

美味しいワインですが、とにかく重くて進まないw

 

ということで、牛肉を買って赤ワイン煮込みにすることにしました。

美味しくしておくれ、野性の乙女。

 

うちの近所のスーパーには牛の塊肉が滅多に置いてないのですよ。

勇気を出して店員さんに聞いたら、バックヤードからこんなんどうでしょう?って持ってきてくれた。

明らかに包みたて、どうもお手数をおかけしました。

だけどとってもキレイなお肉で嬉しかったので、またきっとお願いすると思う。

 

牛肉を大きめにカットして塩胡椒、小麦粉をふるってフライパンで焼き色を付ける。

別のお鍋に移して、フライパンは洗わないまま(お肉のうまみがあるからね)玉ねぎを色付くまで炒めます。

f:id:yutosuna:20170526202521j:image

 

ボトルに残っていた全ての野性の乙女を投入(500mlないくらい)、お水も1カップくらい入れたかな。

大きなブーケガルニもニンジンも、ここで乙女に捧げます。

 

私とっても盛り上がっていたのね。

写真を撮り忘れてる…(よくある)。

 

ことこと煮込んでいる間に、下の写真の黄色い何かを準備します。

この黄色い何かは、バターとはちみつ、小麦粉を混ぜたもの。

仕上げに加えて、一煮立ちするとコクととろみが追加されます。

f:id:yutosuna:20170526202528j:image

 

 

翌日の晩ごはんの予定なので、急冷して冷蔵庫へ。

f:id:yutosuna:20170526202532j:image

 

翌日、食事前にもう一度ことこと煮込んで気分も上げていきますw

 

しゅわしゅわのプレミアムジンジャーで乾杯!

f:id:yutosuna:20170528111443j:image

 

時々ヨーグルトを垂らしてみる。

あああ、野性の乙女よ、我が家の庭のハーブたちよ…芳しくなってるよ、ありがとうありがとう!

f:id:yutosuna:20170528111449j:image

  

※こちらのレシピを参考にしました。

サッポロビール 牛肉の赤ワイン煮込み

にんにくを入れなかったり完全に同じ分量ではありませんが、とっても分かりやすいレシピです。

 

追記

半分残ったので、後日土鍋ビーフシチュー定食にしました。

牛肉を小さくカット、人参とマッシュルーム、ケチャップやウスターソースを加えて甘めに。

落とし卵と、最後にローズマリー

f:id:yutosuna:20170530130954j:image

 

お酒は”丹波深山ぶどう”。

ぶどうのグラッパ、アルコール度数は8%です。

我が家では腐らないぶどうジュースの地位確立。

氷で冷やして乾杯、ウェルチ!

 

いつもClickありがとうございます。

広告