ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

広告

捏ねないパンと踏まないうどん

 

夫氏の糖質制限ダイエットにちょっとお付き合いしている私です。

 

標準体重以下だしちっとも太ってなんていない夫氏ですが、年末の血液検査で引っかかったのがきっかけで糖質制限をするようになったのです。

特に夕食。

3か月間は結構頑張って糖質を控えめ、炭水化物は一切出さずにいました。

 

夫氏、3ヵ月で5キロも落ちているので、効果はあるんだと思います。

私は朝・夕で一緒のものを頂いていましたが、3キロ増えていた(増えすぎ!)体重が元に戻ったのでやはり効果はあると思う。

逆にひとりのお昼はここぞとばかりに糖質祭りでしたけど。

だって、ご飯もパンも麺類もお菓子も大好きだから。

 

ということで、今日は存分に炭水化物を楽しんでいた頃を懐かしんでみることにしました。

 

一時期パン作りにハマっていましてね。

楽しいし美味しいよね、パン。

でも手捏ねって大変。

ストレス解消にパン捏ねは最適!と言われるくらい、不平不満を生地にぶつけながら捏ねると良い生地ができると聞いたことがあります。

すっきりするのかもしれないけど…口に入れるものに対して罵詈雑言吐きながら(そこまでは言ってない)ってどうなのかな。

意外と味の変化は分からなかったりして。

いやむしろむっちりと美味しいパンができるのかもしれない、うーむ。

 

賃貸のキッチンって生地を叩いて捏ねてをするととんでもなく音が出て迷惑なのと、できるだけ体力を削られたくないので、ホームベーカリーを使っていました。

捏ねと1次発酵はホームベーカリー任せ。

成形後、2次発酵と焼きはオーブン。

 

好きが高じて短期間パン屋さんでバイトをしたことがあります。

そのパン屋さんで知ったのが”低温熟成”。

生地を作って小分けにし冷凍するまでは工場で行い、各支店で解凍・発酵し成形・焼き上げるという方法を取っていました。

工場見学をしたわけでも、生地はどう作られているか習ったわけでもないので詳細は分かりませんが、生地は低温で熟成(発酵)できるということ。

 

家で作るときは常温だし、発酵は30~40℃の高めの温度でしていたから新鮮に写りましたね。

 

低温熟成で調べると捏ねないパンのレシピに行きつきました。

生地の材料をざっくり混ぜ合わせ、できるだけボウルの粉っぽさもこそげ落として生地を団子状にぎゅっぎゅとまとめる。

濡れ布巾、その上からラップで保湿、冷蔵庫に一晩入れて低温で発酵させる。

もそもそと粉がなじんでいない状態でもOK、ただしちゃんとまとめておくこと。

そうするだけで、水分の多い生地から粉っぽかった生地へ少しずつ水分が行き渡り、わずかに発酵されていく。

朝起きて生地を触ると、しっとりもっちり。

もそもそだった粉っぽさはなくなります。

手元で表面を均すついでに何度か捏ねるだけ、あとは常温なりオーブンの発酵モードなり、生地を育てることができます。

 

ホームベーカリーは山の上で働いている友達にあげました。

下山しないとパン屋に行けないらしく、パン難民だった彼女は大層喜んでくれたので良かった~。

 

レーズンパンのレーズンは生地の材料と一緒に混ぜておくと、水で戻しておかなくてもジューシーに柔らかく仕上がります。

f:id:yutosuna:20170524101506j:image

 

 

セサミブレッドも。

ゴマは後から混ぜるとばらけるから、これも生地の材料と一緒に混ぜちゃう。

チキンサンドにしましたが、もっちりして美味しい。

ゴーヤのソテーももっちり食感。

f:id:yutosuna:20170524101528j:image

 

 

同じ粉ものという点で、それならうどんもできるんじゃね?とひらめくw

 

中野うどん学校の卒業生です!

ドヤァって感じですが、香川に住んでいたときに観光で行きました。 

f:id:yutosuna:20170524100352j:image

 

材料を混ぜてぎゅっぎゅと空気を抜くようにまとめる。

その生地にぴったりラップをして、ジップロックに入れて冷蔵庫に入れる。

うどん生地はイースト入れないし発酵関係ないですからね。

ぴっちりと包む、乾燥はお肌にも生地にも大敵!

うちは冷蔵庫がいっぱいの時は、日本酒が入ってる小さなワインセラーに入れておきます。

低温熟成と衛生面です。

 

翌日でもいいですが、2日くらい放置しておくと良いうどん生地ができます。

踏まなくてもしっかりとしたコシもあります。

踏んだのと踏まなかったのを比較してみましたが、うどん県民じゃない私には違いがわからなかった!

 

うどん生地は薄く伸ばし、できるだけ細く切るのがコツです。

f:id:yutosuna:20170609000838j:image

写真をご覧ください、太さがバラバラ…ええ、お役に立てるのであれば恥をしのんで晒しますとも。

 

素人の”細い”は”太い”ですw

「いーや、太くてゴリゴリの剛麺が好きなんじゃ!!」

 

大丈夫、細く切ったつもりでも茹でていたら思った以上に太くなります。

そう、プロでもない限り!!

それに生地もそんなに広く伸ばせるわけでないので、長さが短くなります。

短くて太いって、うどんかい?

団子やすいとんじゃなく”うどん”を食べたいのであれば丁寧に細く、そして押切りやで。

 

初回失敗するとかなり凹むので(凹んだ)、次に繋げるために薄く細く。

できたうどんを食べてみて、次はお好みに切っちゃってください。

 

手前があたたかいかけうどん、

奥は冷たい醤油うどん。

f:id:yutosuna:20170524122442j:image

 

 

あたたかい醤油うどん。

f:id:yutosuna:20170524101437j:image

 

 

近所に丸亀製麺がないので見つけたら入っています。

一番お世話になっているのは羽田空港

羽田に行ったら必ず丸亀製麺、香川に帰るときも羽田で丸亀製麺w

あとハワイでも丸亀製麺…海外でいただく出汁って沁みるよね…。

 

こちらは先週土曜に新宿に行った時のもの。

5月にオープンしたばかりの新しい店舗でした。

f:id:yutosuna:20170524101711j:image

マツコの知らない世界の”東大うどん部”の回で、釜揚げうどんが出ていたので注文してしまった。

釜揚げ大好き。

ただ、釜揚げは並からスタートなので、小も欲しいなぁ。

だって天ぷらもおにぎりも美味しいから食べたいじゃない。

 

いつもClickありがとうございます。

広告