ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

繕い物

白糸刺繍(ブロドリー・ブランシュ)

また新しいことを始めようとしているの…と言われているような気がする写真。 憧れの白糸刺繍の本を手に入れました。 素敵だなぁ…溜息が出ます。 刺繍は正直苦手意識を持っているのですが、今一度挑戦したいと思います。 お道具を揃えました。 材料費(2020年7…

「麗しのサブリナ」エプロン2

2年前に作ったお気に入りのエプロンが、草臥れてきました。 www.nurumayutosunaabi.com 手持ちの生地で足りるか見てみる。 十分に足りそうなので、ひとまず安心して放置…w ミセス・フワリ(ショール)と向き合います。 夫がテレワークの日は、裁断・アイロン…

シルクコットンのパジャマⅡ(デニム風)

シルクのパジャマを使っている方は激しく同意してもらえると思うのですが、ズボンのお尻の布が弱ってズタボロ(本当にズタボロという表現がピッタリなズタボロ加減なのです)となり処分することは多いかと思います。 我が家でも然り。 夫のタイ製ゾウさん柄の…

黒カーディガンのダーニング

衣替えの季節。 お直しのものがチラホラと出てきます。 夫が職場で着る黒のカーディガン。 洗濯に出されていたので、ふと見るとポッケに虫喰いを発見。 「捨てちゃっていいよー」と言われ、はいはいと捨てる準備をしつつ。 もし良かったらダーニングしましょ…

タック入りスカートからクッションカバー

先日タック入りのスカートを作りました。 長めのスカートが好きなので、本来の裾上げよりもギリッギリの位置で纏ったのですが、それでもあと10センチは欲しいところ。 部屋着として着ていたけど、うーん、どうもしっくりこない。 なので、ほどいて違うものに…

「麗しのサブリナ」エプロン

猫の監視付きで、エプロンの布を裁断しようと型紙を乗せて検討中です。 実は春に着ようと思って作ったベル袖のワンピース。 こんなにステキなのに…サイズが合わないので着心地が悪く、結局着ないまま。 (猫がどうしても前に出てくるw) 以前作ったボーカラー…

割烹着のお直し

いつも使っている割烹着が、すっかりくたびれてきました。 よく考えたら5、6年は使っている。 知り合いのお母様が亡くなって、未使用の半衿とか割烹着とかたくさんあるんだけどどう?と聞かれて頂いたものです。 紐も擦れてしまって、袖のゴムもとっくに切れ…

"ずっと着たい私だけのワンピース"より、ボーカラードレスを作ってみた。

夏に分かった来年のお祝いの席。 いつもは着物で向かうのだけど、今回は遠方であるし、目立たないとはいえ付け下げの着物を親戚のお式で着るのは憚れる。 ということで、ここ数ヶ月着ていくドレスを探していました。 これがなかなか難航しましてねぇ。 探し…

スリップドレス屋さんになった1週間。

悪い顔をして悪いことをする猫です。 相変わらず1㎜でも上に居たい、そんな猫です。 見兼ねた夫に獲っ捕まりました。 でもあの眼差し…諦めないオトコ、小太郎(猫の名前)。 先週の記事です。 あれから1週間ちょっと。 www.nurumayutosunaabi.com どうなったか…

スリップドレス屋さんになる週間。

スーパーカブに乗りたくて悶絶している週でしたが、このままだとAT小型自動二輪の免許を取りに行く勢いだったので、いやまてちょっと頭を冷やすのだと考える。 今、私に足りないのは何だ? バイクは手元に無いのに、一生懸命オイル交換の手順を読んでいるの…

猫袋を作る、そしてシャンプーだ。

猫袋…それは猫を入れる袋です。 おっと、虐待とかじゃないですからね! 猫がジタバタする状況で動きを封じて、 人間の押さえつける力を最小限にして猫の負担を軽くする。 抑える側の人間が猫に引っ掛かれたり噛みつかれたりするのを防ぐ。 そんな効果があり…

シルクコットンのパジャマ

井形慶子さんのイギリスにまつわる話が好きです。 たくさん真似したいことも書いてあるので、彼女の本を見つけたら読んでいます。 イギリス式 月収20万円で愉しく暮らす (講談社+α文庫) posted with ヨメレバ 井形 慶子 講談社 2013-11-21 Amazon Kindle 楽…