ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

【日ペン】ペン習字 関東講習会

 

少し前から、がくぶんのボールペン習字の通信講座を受けています。

 

私たちの世代では、"りぼん"とか"なかよし"とかの少女漫画誌で、日ペンの美子ちゃんの広告漫画を読んだ方も多いのでは。

 

その、日ペンの美子ちゃんのボールペン習字をやっています。

 

ペン習字では、一番大きな老舗の団体。

 

12回に分けられて都度課題を提出していく通信教育のシステムで、私は先日6回目を出して折り返し地点に突入しました。

 

いやぁ、続くか心配していましたが何とか続いています。

 

本来は半年のカリキュラムなのですが、追加でもう半年間無料で延長できますので、1ヶ月1課題を目安に1年でのんびり進めていく予定。

 

 

そして昨日3/31(日)は、ペン習字講習会に参加してきました。

 

場所は東京、水道橋の駅から徒歩2,3分。

分かりやすいところで助かる〜。

 

 

年に数回、各地で行われる講習会。

 

通信教育生は教材とともに入っている申し込みハガキを使って、この講座を一度だけ無料で受けることができます(通常参加はお弁当代込みの8,100円)。

 

 

申し込むと、下記のものが送られてきます。

 

◉本部から当日持っていく名札付きの案内状(持参品や連絡先が書かれたもの)

◉お昼を挟むので出されるお弁当代の支払い票(1,080円コンビニ支払い可)

◉会場の地図

 

申し込んだは良いけど、10時半〜16時半の長丁場。

 

どうなるかなぁと少々不安ながらも、参加した人の評判が良いので"何とかなる精神"で行ってみました。

 

 

受付を済ませると、講座で使う資料や練習用の用紙(写真右)と、ペンの光(写真左)という競書誌を渡されます。

 

f:id:yutosuna:20190401033635j:image

 

 

ペンの光を購読されている方は最新号を持ってくるよう書かれていましたが、私は通信教育のみ。

 

その旨をお伝えすると、無料で頂きました(沢山積んであったよ)。

 

 

参加者は約70名、多少キャンセルはあったもののほぼ満員だったそう。

 

うん、とっても人が多かった。

会場にぎっしりです。

男女の割合はパッと見、男性1割女性9割と言ったところでしょうか。

全体の年齢層は高めです。

 

私を含む初心者の通信教育生は10名でした。

 

 

1日の流れはザックリとこのような感じ。

 

9時半〜10時半までに受付

10時半〜11時半  田中先生の講義(文字のバランス)

11時半〜12時  添削

12時〜13時  昼休憩

13時〜14時  渡辺先生の講義(ひらがなと連綿)

14時〜16時  添削

16時〜16時半  終了証授与

 

 

添削の順番待ちの間には、先生や生徒さんの作品を見る(撮影可)。

 

f:id:yutosuna:20190401043434j:image

 

 

 

購買でお買い物ができる。

約2割引でしたし、送料がかからないからお得感があります。

 

私もペンの光の競書用紙を購入。

 

f:id:yutosuna:20190401082402j:image

 

 

その後は書き取りの練習をしたり、お隣の方と情報交換をしたり、お手洗いの休憩を取ったり。

 

お隣の方と情報交換は有り難かったです。

 

競書誌・ペンの光の使い方は正直よく分かっていなかったので、まず規定部、漢字部から始めると良いとか、筆ペン部もオススメとか、教室に通っているとか、つけペンが書きやすいとか色々。

 

普段ひとりでのほほんとやっている身としては、同じペン習字をやっている方との交流は刺激的で楽しかったです。

 

添削の先生もとても優しくて、初心者には優しくがモットーなのでしょうが、心すぐ折れる私としては褒めてもらえると正直に嬉しい。

 

実際に目の前で書きながらコツを教えてもらえると分かりやすいなぁとしみじみ思ったり。

 

通信教育は添削が戻ってくるまで時間がかかるから、ペンの光を併用していくこともオススメされました。

 

返却は通常2週間くらいですが、連休を挟むと4週間かかったりマチマチらしいので、その間にペンの光の課題をするとペースが乱れず(通信教育の課題が終わったから戻ってくるまでオサボリするとかねw)、継続して練習できるので上達しやすいとも教えてもらいました。

 

 

そして、お二人の先生の講義も評判通りとっても…とっても分かりやすかったです。

 

なるほど…これが通学と通信教育との違いですか。

 

 

スケジュールでは16時半に終了予定でしたが、実際には16時前に終了証を事務局の方から頂き、16時には自由解散でした。

 

それ以降も先生方に添削してもらえるので多くの方が残っていましたが、私はサササと帰る。

 

大満足だったし、熱心な方々に順番が多く回る方がいいと思いましたし。

 

 

そうそう、お弁当があった!

ペットポトルのお茶と、このようなお弁当が出ました。

 

f:id:yutosuna:20190401033908j:image

 

地味でしょ〜?!

静々といただいていましたが、地味弁が大好物の私は内心めっちゃ喜んでいましたからね!

 

 

**感想***

 

長時間のスケジュールだったから不安に思っていましたが、添削して直接教えてもらうことは勉強になるし、講義も楽しく(一切眠くならない)、適度にしなくてはいけないこともあって、でもある程度はゆるくて、心配を他所に問題なく過ごすことができて楽しかったです。

 

たまに講習会に参加して刺激をもらいつつ、私はこれまで通りマイペースに一人で練習していこうかなと新たに思ったりしました。

 

まずは通信教育を終えなくては。

 

あとペンの光も申し込まなくては。

 

そして、競書用紙も買ったし、受付でペンの光の最新号もいただいたし、締め切りは5/5とのこと、挑戦してみよう。