ぬるま湯と砂浴び

マイペースに本や家事のこと

広告

タック入りスカートからクッションカバー

 

先日タック入りのスカートを作りました。

長めのスカートが好きなので、本来の裾上げよりもギリッギリの位置で纏ったのですが、それでもあと10センチは欲しいところ。

 

部屋着として着ていたけど、うーん、どうもしっくりこない。

 

なので、ほどいて違うものにします。

 

f:id:yutosuna:20180610103307j:image

 

 

 

エストのゴムはまたスカートを作った時に使うから、取っておいて。

近い、猫よ、色々近いよ…。


f:id:yutosuna:20180610103250j:image

 

 

 

袋縫いにしました。

クッションは昔、買い替えで不要になった枕の綿とシーツで作っています。

これも少しヘタってきたので今度作り直そう。

 

f:id:yutosuna:20180610103301j:image

 

 

 

クッションを入れた裏面はこんな感じ。

 

f:id:yutosuna:20180610103314j:image

 

 

 

作り始めたらあっという間です。

ミシンはすごいなぁ。

 

f:id:yutosuna:20180610103429j:image

 

 

 

**おまけ***

余り布は小さく切って台所行き。

 

f:id:yutosuna:20180610103439j:image

 

いつもClickありがとうございます。

    

 

東京ジャーミイ

 

東京ジャーミイへ行ってきました。

 

日本最大級のイスラム教の礼拝堂(モスク)で、神社仏閣、教会、そういった宗教建築を見ること、その空間に居ることが好きなのでずっと気になっていたんですよね。

 

tokyocamii.org

 

 

代々木上原駅から徒歩5分くらい。

 

だけど、イマイチ地図の読めない私はわざわざ逆の改札から出て、うろついた挙句15分くらいかかっていました。

 

 

目印はこの高い塔。

f:id:yutosuna:20180521090944j:image

 

 

建物に入る。

 

f:id:yutosuna:20180521091025j:image

 

 

それにしてもすごい人!

私が到着したのは12時頃でツアー客の方のランチタイム(予約すればランチをいただけるらしい)にぶつかってしまい、ごった返していました。

 

いい匂いがしてましたよ…(私は腹ごしらえをして出かけたので今回はなし)。

 

でも、おかげで礼拝堂は貸し切り状態、良かったかな。

 

人を避けて奥の階段を登ります。

登り切って振り返りの階段。

 

f:id:yutosuna:20180521091125j:image

 

 

履物を脱いで、入堂。

 

礼拝中の人がいたので、女性しか上がれない上へ移動し、静かに終わるのを待つ。

 

礼拝の、立って座っての衣擦れの音だけが礼拝堂に響きます。

 

祈りの時間は美しいですね。

 

さて、礼拝も終わり、携帯カメラの音が聞こえたので私も礼拝堂の1Fへ降りる(2Fでの撮影は禁止)。

 

 

中央のドーム。

 

f:id:yutosuna:20180520164849j:image

 

 

 

ミフラーブ(礼拝室の最奥の壁に設けられた一種のニッチ (壁龕) )は、メッカの方向を示すもの。

 

f:id:yutosuna:20180520165134j:image

 

 

 

ミフラーブ上のステンドグラス。

 

f:id:yutosuna:20180520165245j:image

 

 

その足元。

 

f:id:yutosuna:20180520165434j:image

 

 

 

ミフラーブから出入口を見る。

 

f:id:yutosuna:20180520165452j:image

 

出入り口側に履物を置く場所があります。

外の出入口手前で靴を脱ぎ、下足置き場に置いておきます。

と言っても、礼拝に来ていた人たちは外で靴を脱いでそのままにしてたけどね。

 

貸し出し用の女性のスカーフが入れてある箱や、ハンガーにかれられた上着があります。

もし忘れてもここから無料で借りることができるので安心。

露出が少ないように着物で行ったけど、スカーフだけはお借りしました。

 

 

 

本当に美しいです…。

あっちこっちをゆっくり眺めてはじわりじわり歩く。

 

f:id:yutosuna:20180520164920j:image

 

 

絨毯の模様。

 

f:id:yutosuna:20180520165551j:image

 

 

 

ミンバル(説教壇)。

 

f:id:yutosuna:20180520170239j:image

 

1時間くらいは滞在したでしょうか。 

 

とにかく美しい、細かく見ているとあっという間に時間が過ぎます。

 

 

 

礼拝堂を出て、階段を降りると受付や待合があるフロアーに。

 

ここのライトもステキです。

f:id:yutosuna:20180521091647j:image

 

 

写真左側はランチの名残、右側は売店

 

f:id:yutosuna:20180520165616j:image

 

 

 

トルコのお菓子が売られていたので買って帰ろうと選ぶにも、どれがどれだかわからない。

聞けば形が違うだけで味は同じ、どれもピスタチオのパイなんだって。

 

f:id:yutosuna:20180520165652j:image

 

 

四角いのを買って、馴染みのカフェへお土産。

 

選んでいるときにランチを済ませたツアー客と思しき日本人に「びっくりするほど甘いですよ!」ってビビらされていたのですが、普通に甘い美味しいお菓子でした。

 

カフェで「沢山は食べられないけど、外国のお菓子って感じで美味しいねー」と一緒に頬張る。

  

f:id:yutosuna:20180520165810j:image

 

 

 

**おまけ***

 

ドアもステキだったんですよーー!

 

建物入口。

 

f:id:yutosuna:20180520165858j:image

 

 

 

礼拝堂の入口。

 

f:id:yutosuna:20180520165919j:image

 

 

礼拝堂内、女性だけが上がれる2Fへ続く階段の入口。

 

f:id:yutosuna:20180520164946j:image

 

 

いつもClickありがとうございます。

    

 

「麗しのサブリナ」エプロン

 

 

猫の監視付きで、エプロンの布を裁断しようと型紙を乗せて検討中です。

 

f:id:yutosuna:20180413172406j:image

 

 

 

実は春に着ようと思って作ったベル袖のワンピース。

こんなにステキなのに…サイズが合わないので着心地が悪く、結局着ないまま。

(猫がどうしても前に出てくるw)

 

f:id:yutosuna:20180413172627j:image 

 

 

どうにかしたいと思ってエプロンに加工することにしました。

本当にいいのかと何だか責められている気がするのは、ワンピースに対して後ろめたいからか。

 

f:id:yutosuna:20180413172422j:image

 

 

 

退去してもらったけど、型紙に座るという…いつもの事なのでもういいですけども…。

 

f:id:yutosuna:20180413172444j:image

 

 

 

映画"麗しのサブリナ"でオードリー・ヘップバーンが着ていたエプロンを参考にパターンを引かれたそうです。

 

私はワンピースのフレアを手放したくなくてこちらを選んだのですが、テイストを残したままエプロンになってくれたのでとても嬉しい。

 

f:id:yutosuna:20180413172651j:image

 

これからの季節、割烹着では暑くなってきたので、この薄手のエプロンが活躍してくれそうです。

 

 

使用した型紙はコチラ。

www.patternshop-ichica.com

 

映画は観たことがないから、今度観てみよう。

 

いつもClickありがとうございます。

    

お財布ポシェット

 

春ですねぇ~。

 

ポカポカ陽気に桜も満開になり、コートは要らず薄着になります。

 

f:id:yutosuna:20180329170617j:image

 

コートを着なくなって困ること、それはポケットがなくなること。

 

カードとお金、リップ、ハンカチ、ipod

 

その程度のものが入るお財布ポシェットがあればなぁと毎年のように思い、毎年のように気に入ったものを見つけられない。

 

 

そんな私が、予てよりずっとずっと、ずーーーっと欲しかったお財布ポシェットをついに手に入れました。

 

大きさは手のひらサイズというところでしょうか。

 

f:id:yutosuna:20180329164007j:image

 

注文してから随分と時間をかけて我が家にやってきた。

 

早速ご挨拶、汚れ落としを兼ねての栄養クリームを塗り、乾燥してから優しく磨く。

 

中に2つの仕切があり、3部屋になります。

 

f:id:yutosuna:20180329170635j:image

 

今回これにした最大の理由は、表にブランド名が入っておらず、なおかつブランド名の入ったタグが外せること。

 

タグは速攻で外しましたからね(笑)

 

品質の良いブランドは好きなものの、高級ブランド名がドドンと表に書かれた服飾品を身に着ける気にならず、それが大きなハードルとなって買物に苦戦したりもします。

 

なのでこれを見つけた時は嬉しかったですね。

 

オールドコーチは縫製もしっかり、グローブに使われている皮を使用しているとかで、丈夫なのは良きこと。

 

どこぞのどなたかが丁寧に使ってくださっていたおかげで大きな傷もなく、そして皮も柔らかい。

 

長く使える良いものを手に入れました。 

 

いつもClickありがとうございます。

    

ココナッツバナナブレッド

 

買物の見切り品コーナーをチェックする私です。

 

お安くなっているのが嬉しいのはもちろんですが、食いしん坊としては食べられる物が捨てられてしまうのがイヤなんですよね。

 

スーパー内にキッチンがある場合は、お総菜コーナーでかなりの量を消費していると思うのですが、そうは言っても全部はとても使い切れないんだろうし。

 

我が家は夫婦ふたりの超が付く微力ではあるんですけど、ささやかに買って帰る。

 

忙しくてなかなか買物に来ることができない人は、後ろの方からかき分けて賞味期限の長いものを取るのも一つの手というのもよく分かります。

 

うちも週2回ヨーグルトを家で培養しているので1Lの牛乳を2本買うんですけど、1本はすぐに使う用だから賞味期限の短い物、もう1本は賞味期限が間に合うものという風に選びます。

 

選ぶ基準は、自分の目で見て…としか言えないですけど。

 

ひき肉は足が早いので買わない、

トマトやセロリは煮込みに使う、

もやしは水臭くなるので買わない、

リンゴは意外にすぐスカスカになるので新しい物、

皮の厚い柑橘は日持ちがする…などなど。

 

フリーガンほどの活動はできないけど、それなりに自分のルールがあるとちょっと楽しく買物ができるんじゃないかと思います。

 

 

 

さて、そんな中、見切り品のバナナを手に入れました。

  

そのまま食べるときは緑に近い固めのバナナをこよなく愛している私ですが、お菓子には完熟バナナの方が良いですよね。

 

棚の奥に鎮座していたココナッツオイルを出してくる。

 

ココナッツオイル…ボケ防止に良いと夫が買ってコーヒーに入れて飲んでいたのですが(すぐに飲まなくなった)、私はどうもあの強い南国の香りが苦手でして、いつか風味豊かなバナナと焼いてやろうと企てていました。

 

f:id:yutosuna:20180308075114j:image

 

 

 

焼き上がり!

 

飾りのバナナが沈んでしまったけど、まぁいいのです。

 

ココナッツオイルの香りもほのかにするし、それ以上にバナーナの香り!

 

f:id:yutosuna:20180308075150j:image

 

 

 

むっちりしているので、薄いのと厚いの2種類に切り分けます。

 

f:id:yutosuna:20180308075211j:image

 

 

 

どうだった?

と、色飛びして白く写った猫が心配そうに見ているような見ていないような。

 

f:id:yutosuna:20180308075230j:image

 

いい塩梅のココナッツオイルの香りと、みっちりバナナ味で南国なケーキができました。

これなら美味しくいただける!

 

今回はちぎったバナナを粉類以外の材料と一緒にブレンダーで混ぜたのですが、次回はもっとバナナ感を出すため、細かく切るか、大雑把に潰して入れてみようと思います。

 

いつもClickありがとうございます。

    

だるま市とべったら漬け

 

今朝さんぽに出ていると、深大寺に近付くにつれ賑わいが。

 

あれ?いつもより多いですよね、

なんだろうね、

 

と話していたら、前を歩いていたおいちゃんに「今日はだるま市だよ」と教えていただきました。

 

表からではなく裏から入ったのでだるまも後姿です。

 

f:id:yutosuna:20180303125836j:image

 

 

何とか表側に回って…もうここまで来るのに一苦労の人出。

 

f:id:yutosuna:20180303125907j:image

 

 

佃煮屋さんが出てる。

 

美味しそうだけど、店主と高齢の女性のおしゃべりに花が咲いてるし、割って入るのも無粋かしらと思い見送りに。

 

f:id:yutosuna:20180303125849j:image

 

 

干し柿は何店舗か出ていました。

 何か関係があるのでしょうか。

 

f:id:yutosuna:20180303125946j:image

 

 

ソースせんべい…

なんぞや(みんな知ってる?)。

 

f:id:yutosuna:20180303130001j:image

 

 

 

200円お支払いして、ルーレットを回す。

私はどうやら結構良い線行ってたらしく、20枚GETしました。

 チョコクリーム、カスタード、ソースや色々ありましたが梅ジャムにしてみる。

 駄菓子の甘酸っぱさ、美味しいね。

 

f:id:yutosuna:20180303125932j:image

 

 

露店をひやかしつつ大概見たと思ったら、ケバブ屋さん。

 私、ドネルケバブが大好きなんですよ…w 

 

左が私の甘口、右は夫の中辛、ともにチキンケバブ

 

f:id:yutosuna:20180303130032j:image

 

 

今度はべったら漬けのご店主に

 「そんなに嬉しそうに見るんだったら食べてってよ!買ってとは言わないからさ」

 と声を掛けられ、試食をする。

 

うん、美味しいよね、私、べったら漬けにも目がないのです…w

 

結局買って帰る。

参道のお店のつきたて草餅と一緒にべったら漬けも。

 

はぁあ〜しみじみ美味しい…。

 

 f:id:yutosuna:20180303131648j:image

 

ところで「そんなに嬉しそうな顔」ってねぇ…?と夫に言うと、

「うん、嬉しそうな顔してるよ」って。

 

な、なんじゃと~!

 

※だるまは迷いに迷って買わず終い。

 

いつもClickありがとうございます。

    

Opalのレッグウォーマー

 

オリンピックを見ながら編んでいたレッグウォーマーが仕上がりました。

 

実にこの毛糸(Opal)とは長いお付き合いで、靴下を編んではほどき、レッグウォーマーを編んでは履き口が気に入らず編み直し、片足編んで放置し…3年くらい?

 

そりゃ猫もちょっとあきれ顔にもなります。

 

f:id:yutosuna:20180301095502j:image

 

 

 

糸の後始末をしてスチームアイロンにかける。

 f:id:yutosuna:20180301095511j:image

 

 

 

持っているヨガウェアはシックなものばかりなので、小物で色を入れたりしています。

メリノウールのレギンスに、ウールのレッグウォーマー、ポカポカだ。

 

f:id:yutosuna:20180301095530j:image

 

今日から3月。

 

まだまだ足元は冷えるので、どんどん使っていきたいと思います。

 

**おまけ***

使った毛糸など詳細を載せようとしましたが、公式HPは売り切れのもよう。

販売されたのは随分前だもんね…。

毛糸の売切れや再販なしはよくあることなので、絶対に欲しい色を見つけた場合は迷わずに購入をオススメします。

【マルティナさんの靴下編み方セット ロリポップ・キッズセット】梅村マルティナOpal毛糸

 

いつもClickありがとうございます。

    

広告